TPPのメリットとデメリット

TPPのメリットとデメリットとは?

TPPのメリットとデメリットとは?

TPPに参加することで日本のメリットとデメリットを考えたいと思います。

 

「TPPに参加すると日本は損をする!」

 

テレビメディアはそんな論調だなぁ、と個人的には思っています。(個人的な感想です)

 

でもはたして本当にTPP参加はデメリットの方が多く、損をするのでしょうか?
今や国民は様々なメディアから情報を集めることができます。
特にインターネットの力は大きく、国民も以前よりずっと賢くなっています。
一昔前は情報を集める手段がテレビと新聞だけでした。
テレビと新聞がそういっているならそうなんだろう、と皆思っていたものです。

 

賢い国民になるために大切なことは事実を集めて、判断することだと思います。

 

スポンサードリンク

 

テレビの論調に素直に乗っかりすぎないようにするのが大切です。

 

ではTPPのメリットとデメリットを簡単にまとめてみましょう。
※もちろん、ここで挙げているのが全てではありません。

 

TPP参加のメリット

関税撤廃→輸出で儲かる

TPPの一番の目的が関税を撤廃することで輸出と輸入を活発化させることです。
今まで関税がかかっていて海外で売れなかった日本の商品が売れるようになります。

 

日本製品で特に人気なのが自動車や家電など。
トヨタの車は世界中で走っていますし、中国人観光客は秋葉原で炊飯器等を買い漁っていますよね。
日本の得意とする分野で今まで以上の利益を上げることが出来るようになります。

 

関税撤廃→海外の安い商品が手に入る

今度は逆に海外から安価な商品が入ってきます。
野菜やガソリンなどが安くなります。
消費者の立場で言えば、こんなにいいことはありません。

 

大企業がもっと儲かる

大企業は海外の部品を日本で組み立てたり、日本の部品を海外で組み立てたりすることが珍しくありません。
余計な費用がかからなくなり、企業内貿易が安くなって儲けが多くなります。
企業が儲かれば、日本国内にもっとお金が回るようになります。

 

スポンサードリンク

 

TPPのデメリット

関税撤廃→デフレになる

海外から安い物が入ってくるのはメリットでも挙げていますが、デフレを引き起こす可能性があります。
また、安い農作物が海外から輸入されてくれば、国内産のシェアが奪われて、
日本の農家は崩壊するのではという懸念もあります。

 

食の安全基準が下がる

日本が世界に誇れるものと言えば、まずは食です。

 

今、日本の食に対する安全基準は世界最高レベルです。

 

世界中どこを探しても日本ほど食が安全な国はないと思います。

 

日本人は食へのこだわりが半端じゃありませんからね。
ただしTPPに入れば加入国のレベルに合わせなくてはいけません。
つまり安全レベルが確実に下がるということです。

 

TPP参加すれば今は流通されていない食品添加物とか遺伝子組み換え食品が入ってくるでしょう。

 

医療保険の自由化

日本の国民皆健康保険制度も世界に誇るべき制度です。

 

2000年にWHOから世界一の医療保険と日本が評価されたのをご存じでしょうか。
アメリカのオバマ大統領も国民皆保険制度をアメリカに導入しようとしたほどです。
(通称オバマケア)

 

日本は国民皆保険制度のおかげでケガや病気をしたときに当たり前のように病院にかかることができます。
日本じゃ当たり前ですが、アメリカじゃ当たり前じゃありません。
重い病気や怪我でも、お金が払えないから痛いのを我慢している人がいます。
虫歯だらけで歯医者にいけない人もいます。

 

日本も1955年までは国民皆保険ではありませんでした。
その頃の日本の無保険者はなんと3000万人!全国民の3分の1でした。
当時病院に行けずに亡くなる悲しいケースは当たり前だったそうです。
(当たり前すぎでニュースにもならなかったそうです)

 

この日本の健康保険制度も自由化でおびやかされる可能性があると言われています。

 

で、結局どうなの?

以上、TPPにはメリットとデメリットがたくさんあります。
それを全て差引きするとどうなるのか。

 

政府の発表ですと、TPPの参加すると
日本のGDPが約3兆円増加するそうです。

 

GDP(国内総生産)と言えば、高ければ高いほど国民の幸せ度も高くなるという大事な数字です。
国の豊かさを示す数字といっても過言ではないでしょう。

 

現在日本のGDPは年間約500兆円。
これが3兆円増えます。

 

これはサラリーマンの年収イメージすると分かりやすいかもしれません。
年収500万円の世帯の収入が3万円増える計算です。
お父さんのお小遣いが増えるんでしょうか・・・。

 

・・・う〜ん、GDPだけで見るとどうなんでしょう。
全ての効果を合算して3兆円だけだとすると、あまり旨味がないような気がしてしまいますよね。
とはいえ、日本が世界的に孤立しないため、また最近横暴が目立つ中国への牽制のため、といった数字以外の効果も見逃せません。
あなたはTPPに賛成ですか?反対ですか?

 

 

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢