トランプ氏はなぜTPPに反対なのか?その理由と安倍首相の思惑とは

トランプ氏はなぜTPPに反対なのか?その理由と安倍首相の思惑とは

スポンサードリンク

トランプ氏はなぜTPPに反対なのか?その理由と安倍首相の思惑とは

トランプ氏はTPPに反対であると明言して、大統領選で勝利を収めました。
では、なぜTPPに反対なのか。

 

トランプ氏は「TPPが雇用を海外に流出させるから」だと言っています。

 

TPPに参加することで、アメリカの失業者が増えることを懸念しているのです。

 

一方の安倍首相にとっては、TPPはアベノミクス成否のカギを握っています。
「TPPは成長戦略の一丁目一番地」とも揶揄されています。
なので、安倍首相としては、なんとしてもTPPをアメリカとともに成立させたい。

 

安倍首相は、オーストラリアのターンブル首相とも電話協議し、
「参加各国がTPP発効に向けた決意を世界に示し、アメリカを説得しましょう」
と呼びかけました。
ペルーの交渉担当も日本の役割に期待が寄せています。

 

今、トランプ氏の気持ちを変えるように迫る必死の取り組みが、国を超えて行われようとしています。

 

そしてトランプ氏を説得するためのキーワードは「雇用」と「中国」です。

 

トランプ氏はアメリカ国内のインフラ投資の拡充する方針を掲げています。
安倍首相はこれを踏まえ、アメリカのインフラ需要を調査し、日本が協力できる事業の洗い出しを経産省に指示しました。

 

トランプ氏によると、TPP離脱の理由はアメリカの雇用確保。
つまり、日本がアメリカの雇用確保に貢献できればTPP承認交渉のカードになるわけです。

 

スポンサードリンク

 

そしてトランプ氏は中国に厳しい姿勢を保っています。
もしTPPが成立しなければ、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)が主軸になっていくことが予想されます。
これは中国が中心となり、東アジアのマーケットを動かそうという枠組みです。

 

RCEPが中心となれば、世界の貿易のルールがアメリカから中国になる可能性があります。
これはアメリカにとって大きなリスクと言えます。

 

日本は今、金融政策のみの経済政策には限界が見えてきた状況です。
つまりTPPが成長戦略の頼みの綱とされているのです。

 

TPPによる貿易で、日本のGDPは2014年度換算て14兆円押し上げる試算があります。
しかしもしアメリカが抜ければ、この効果は半減です。

 

野党からは「アメリカがやる気がないなら日本が急いでTPPを進める必要はない」という意見が出ています。
しかしそれを聞いた安倍首相は怒って否定しています。
「アメリカのためにTPPを推進している訳ではない。日本のために必要なんだ。野党は何もわかってない。」と。

 

TPPが絶望視されつつあるなか、まだ希望もあります。
それはトランプ氏当選後、政府公式サイトには「TPP撤退」ではなく、「雇用を国外に流出させない」という表現になっていること。
また、オバマ大統領は当初、米韓自由協定FTAに反対していたが、就任後は一転成立に賛成した実例もあります。

 

トランプ氏が大統領に就任したあと、TPP賛成に意見を変えることも可能性としてありえます。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢