食品の基準もゆるくなる可能性がある

食品の基準もゆるくなる可能性がある

スポンサードリンク

食品の基準もゆるくなる可能性がある

日本では食品基準が厳しいのに対して、
TPPでアメリカから食品が自由に入ってくると、
食卓に並ぶ食品に危険なものが入ってくるようになるかもしれません。

 

 

一般市民は、苦しい生活をいつも強いられている中で、
安いものにはやはり目が早く行くのは、しょうがないことです。
私も安いものは大好きです。

 

少しでも安くて、しかも味もそこそこであれば、
もちろん、一般消費者として、無条件で購入に走るのは、本音といえます。

 

スポンサードリンク

 

しかし、TPP後に、遺伝子組み換え食品が歯止めなく入り込んで、
安全基準がゆるい牛肉等も気がつかないうちに食卓に並んでいるかもしれません。

 

 

大切な家族を守るために、出来るだけ安全な食品を選びたいというのは、
全ての消費者の願いでしょう。

 

 

アメリカは、食の安全基準が日本よりゆるいは事実です。
その基準をそのまま押し付けられる可能性が出てきます。

 

 

自由貿易ですから、食卓に並ぶ食べ物までも、
どんなものを食べさせられているのかわからないような、環境になる可能性もあります。

 

 

TPPによって、身体の健康にトラブルを及ぼすこともあるかもしれません。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢