食品添加物についても油断できない

食品添加物についても油断できない

スポンサードリンク

食品添加物についても油断できない

TPPによって、食品の影響は、
毎日口にする食べ物を安心して食べられないと言う不安が悪化するかもしれません。

 

 

確かに無添加ではかえって危険な食品も存在します。
しかし、食品添加物でも、やはり体に害になるものがあります。

 

 

TPPに関して考えると、食品添加物の問題は、
遺伝子組み換え食品と同じような問題があります。

 

 

アメリカの食品添加物には、日本で認められていないものがあり、
今現在はそれが入っているものは、日本で輸入制限を設けています。

 

スポンサードリンク

 

アメリカではおよそ3000種類の食品添加物が認可されていますので、
TPPに参加した場合に、どれほどの食品添加物入の食品が入ってくるのか
想像できません。

 

 

今のところ、日本では832種類の食品添加物の使用が認可されていますが、
アメリカがこれらの商品についても、
交渉の中で当然要求してくるものと考えられます。

 

 

今の時点では、まだ議論に留まっていますが、これが本当にスタートしてしまうと、
歯止めが効かなくなります。
安全な食品は、私たちの生きてゆくための基本的な主張です。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢