本当にTPPはアメリカの有利になるか?

本当にTPPはアメリカの有利になるか?

スポンサードリンク

本当にTPPはアメリカの有利になるか?

アメリカは、このTPPをかなり日本に強く押してきます。
何としてでも、日本の参加を望んでいます。
どこの国でも、自国の反映を考えずにこのような国際契約を結ぶはずがありません。

 

 

アメリカは、TPPについての議論真っ最中から、
やれ日本の軽自動車がTPPには向いていない、とか食品輸入等にも意欲満々であります。

 

 

日本の産業のあらゆるものを利用して、
アメリカに有利なように働きかける動きははっきり伺えます。

 

スポンサードリンク

 

野田前首相が調整協議に参加した際に、姿勢的にはTPP参加を
賛成よりに表明している様子を示したことで、
アメリカのほうもすでに日本が賛成していると言う方向で押してきてきます。

 

 

日本人の習性として、外国人に強く押し切られると、なかなかNOと言えない、
あるいは、もしNOと言えば、相手の気を悪くするのではないかという心の習慣があるため、
外交もそのような形でもっていかれる可能性もあります。

 

 

外交問題をもう少しはっきりとした態度で対応出来る
日本の政治家は存在しないのでしょうか?

 

 

まだアメリカとの大きな問題では、普天間問題もありますが、
これも頓挫した状態で進んでいますので、アメリカの国の赤字回復に、
TPPによって日本が否応無しに、手助けさせられる流れになる可能性もあります。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢