海外からの労働者の動きはどうなる?

海外からの労働者の動きはどうなる?

スポンサードリンク

海外からの労働者の動きはどうなる?

そもそもTPPは、はっきり言ってしまえば、
加盟国同士で関税がなくしてしまう状態ですが、
今の時点で加入を表明した加盟国を見ると、どれも小さな国で、
アメリカが唯一大国となっています。

 

 

小さな国では、主な産業も少ないため、
大きな国から得られるメリットを期待して加盟しているわけです。
どの国も、TPPによっての恩恵を受けることを期待しています。

 

スポンサードリンク

 

日本のような高技術を持った国が参入することは、
土地の狭い国の中で非常に大きな変化に備えなければなりません。

 

 

アメリカは、土地も広く、昔からたくさんの移民が流入してきた歴史があります。
しかし、日本は、それだけの土地をもっていませんし、
またその体制も整っていません。

 

 

TPPがスタート後には、労働者も自由化が進み、
小さな国からの安い外国人労働者が増えてくるのは避けられません。

 

 

いままで日本人が主に働いていた職場に外国人労働者が増えて、
失業率が増えるようになるでしょう。

 

 

日本は、それに対しての対策があるでしょうか?
日本人は手先の器用さ、仕事の細やかである意味で成功を収めてきましたが、
外国人労働者にそれを強要することは出来るでしょうか?

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢