海外生産を廃止して、日本に工場が戻ってくるのか?

海外生産を廃止して、日本に工場が戻ってくるのか?

スポンサードリンク

海外生産を廃止して、日本に工場が戻ってくるのか?

日本の多くの企業は、海外への進出を長年果たしてきました。

 

 

その理由は、日本国内ではコスト的な負担が非常に多く、
販売する時点ではすでに大変高額な商品となるため、
売上を伸ばすことが困難なためです。

 

 

海外のさまざまな工場に委託したり、あるいは工場そのものを確立したり
特に、日本の自動車産業に関しては、例えばアメリカに工場を移すことで、
よりコストを抑えて生産させていました。

 

スポンサードリンク

 

しかし、この関税によって、日本生産も可能になるようになるのでしょうか?

 

 

ただし、自動車産業などは、現地に工場を移すことで、
現地の人を雇用することで、雇用率を上げるために、
大いに貢献してきたものですから、
みすみす米国が拠点を日本へ移動させることをさせるとは思いません。

 

 

ただし、為替変更等も考慮にいれると、そのまま現地生産が続くのかもしれません。
米国のメリットにならないことは、進みづらいと思います。

 

 

そうなると、日本企業が海外進出をする機会は、逆にさらに増える可能性もあります。
日本国内のデフレーションに続いて、国内の空洞化も大きな問題となってくるかもしれません。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢