日本はどうして得をしないようなものを検討しようとするのか?

日本はどうして得をしないようなものを検討しようとするのか?

スポンサードリンク

日本はどうして得をしないようなものを検討しようとするのか?

TPPは、最初小国で話がすすめられていました。

 

 

しかし、途中からアメリカが加盟の意思を表示したことで、
話が大きく一変してしまったのです。

 

 

アメリカは、日本にTPPに加盟するように、強く働きかけてきています。

 

 

本来それぞれの国がこのTPPに加盟する目的は、
自由貿易によって得られる利益です。

 

 

当たり前のことですが、それぞれの国は自国の利益を見込んで、
そのようにしているのです。

 

スポンサードリンク

 

なぜ、アメリカの大国がTPPに参加をして、さらに日本を誘うのかと言えば、
もちろん、アメリカ自国の利益を見込んでのことです。

 

 

例えば、アメリカが日本へのTPPに関する要求のひとつに「軽自動車」に対して
否定的な見方をしてきました。

 

 

日本の「軽自動車」がアメリカに参入してゆくのを嫌っているわけで、
もちろん、その分、日本に利益を奪われるのはこまるのです。

 

 

アメリカは自国中心に、TPPの自由貿易の内容もコントロールする可能性もあります。
しかし、私たちは、日本国民として、アメリカ同様、自分自身の国が有利になるように、
舵を持っていくようにすることが大切です。

 

 

私たちの国は日本国です。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢