日本国がなくなってしまうかもしれない?

日本国がなくなってしまうかもしれない?

スポンサードリンク

日本国がなくなってしまうかもしれない?

TPPに参加することは、国益を失うばかりでなく、
国そのものがなくなってしまうのではないかと言う不安があります。

 

 

TPPの賛成派は、国のデメリットを語らず、
「平成の開国」とカッコイイ言葉で巧みに国民にTPPへの賛成を促そうとしています。

 

 

しかし、たくさんのブログや記事でも示されているように、
デメリットのほうがはるかに多いという意見も多いですね。

 

 

関税がなくなれば、もちろん、海外からの農産物、
そのほかのものが怒涛のように流れ入ってきます。

 

スポンサードリンク

 

値段の安いものが入ってくれば、
消費者の目は安価でおいしいものへと焦点が移って行きます。

 

 

国内の商品もデフレーションを起こして、国内が混乱状態に陥るでしょう。
このまま続けば、韓国と同じ運命に突入してきます。

 

 

TPPへの参加で、国そのものの土台が崩れる恐れがあります。
国民の中では、今TPPについての亡国論が囁かれています。

 

 

TPPとは、どんなことか?を最低基本的なことでも、
まだ理解していない場合、もっと情報を入手することをオススメします。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢