辛い被災地とTPPとの関係性

辛い被災地とTPPとの関係性

スポンサードリンク

辛い被災地とTPPとの関係性

日本国民のまだ記憶に新しい、あるいは、一生心の傷として残り続ける、
被災地の悲惨な状況をどう復興していくのかを
今真剣に考えなくてはならない時期が来ています。

 

 

しかし、TPPと言う、不透明な状況を、
さらに国民に強いられるような状況に陥る可能性があることは、
今の日本にさらに大きな負担を負わせる羽目になるのではと、
多くの国民が不安を露わにしています。

 

スポンサードリンク

 

TPPは、単に外国のモノが安く買えると言うことだけではありません。

 

 

国がいままで培った根本そのものを覆すような一大イベントとなろうとしています。
お隣、韓国のFTAの失敗にもあるように、
今日本の国に、TPPが入ってきたら、さらに日本弱体化が進むかもしれません。

 

 

自国で苦しんでいる被災者の人のサポートはこのまま出来るのでしょうか?

 

 

国民皆保険、食の安全、医療、農業、すべての問題が脅かされようとしています。
TPPについて、日本の個人個人が知識をもって、政府にはっきりとノーを言いましょう。
そうでなければ、被災地の復興どころか、日本そのもののバランスが崩される恐れがあります。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢