日本人として気になる日本政府の対応

日本人として気になる日本政府の対応

スポンサードリンク

日本人として気になる日本政府の対応

多くの日本国民の間でTPP反対が起こっている中、
肝心の政府のTPPに対する対応は、
何とかして参加したいと言う動きがあると言われています。

 

 

しかしながら、TPPを強く反対している国民が多いため、
なかなかスムーズに次の段階に進むことが出来ないでいます。

 

 

そこで、この度、政府は一般市民にTPPについて詳しく説明すると言う意向を元に、
シンポジウムを開催しました。

 

スポンサードリンク

 

3月25日の北海道札幌市が最の日程となりました。
全国9か所で開催して、どのシンポジウムも多くの参加者がありました。

 

 

ところがいざ会場から政府へのさまざまな質問を詰めかけた時の応対は、
歯切れが悪く、しっかり納得のいく答えをしていないと言う印象を残したようです。

 

 

TPPについて、大変不安を持った国民が多いことから、このシンポジウムを通じて、
具体的な国の対応を知りたい、どんなメリットがあるのか、
どんなデメリットが予想されるのか、どう対応するのか等、
を明確にしたいと参加した市民の間からは、
かえって、政府への不安が募ったと言う声も聞かれていたようです。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢