安倍首相、TPP交渉参加を表明

安倍首相、TPP交渉参加を表明

スポンサードリンク

安倍首相、TPP交渉参加を表明

安倍晋三首相は2013年3月15日、TPPに「交渉参加」と正式に表明しました。
首相はTPPのルール作りに参加できる最後にチャンスだと述べ、
また、仮に聖域なき関税撤廃になったとしても、国益が出る試算だと強調しました。

 

 

そして、危惧されている日本の農業、食に関してはあらゆる努力で守ると述べ、
TPP交渉参加への理解を国民に求めました。

 

 

今後はお米など関税撤廃の例外品目確保(聖域)に向けた調整や、
自動車や保険などをめぐる米国との協議が焦点となってきそうです。

 

スポンサードリンク

 

日本に不利益がでるような、関税を完全撤廃という形でのTPP参加はするべきではないでしょう。
また、国益が出るという試算もどこまで影響をつかみ切れているのか、不安もあります。
実際に参加してみて初めて生じる不具合もあるでしょう。

 

 

参加交渉に入ると言うことは、条件さえ整えば参加をするということです。
なし崩し的にアメリカのいいなりになってTPPを押しつけられることがないように、
我々は今後の動向を見守る必要があるでしょう。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢