FTA、EPA、TPPを考えてみよう

FTA、EPA、TPPを考えてみよう

スポンサードリンク

FTA、EPA、TPPを考えてみよう

最近は、なぜか各国間の経済を活性化させるための、
さまざまな協定が実在しています。

 

 

それらがFTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)、
TPP(環太平洋―パートナーシップ協定)です。

 

 

どれも、異国間で、関税を取り払い、さまざまなサービス、企業規制、
さらに人までも自由に行き交うことができるようにする協定です。

 

 

そして、これらの協定によって、互いのメリットを引き出し合い、
強力しあい、国を強化してゆくと言う、表向きは大変りっぱに聞こえる制度です。

 

スポンサードリンク

 

お隣韓国でも、FTAに正式に参加して、欧州連合と関係を強化することで、
日本の自動車や家電メーカーに太刀打ちするような制作を打ち出しました。

 

 

しかし、その影には、韓国の議会がこの可決で大いに揺れました。
さらに、昨年2011年可決後に、韓国の一般市民の生活が
脅かされていることがネットを通じて、大混乱を巻き起こしています。

 

 

TPPに参加するかどうか、今日本で大きな議論が巻き起こっていますが、
FTAの失敗からも日本は、学ぶべきことが多いと思われています。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢