FTAに対する一般市民の反応とは

FTAに対する一般市民の反応とは

スポンサードリンク

FTAに対する一般市民の反応とは

日本が今TPPをめぐって、政治レベル、専門家レベル、
一般レベルで大議論を展開している間、TPPによく似た例で、
先に韓国と米国間で締結したFTAについての議論が、ネットを賑わせています。

 

 

実際、韓国の一般市民がどのような反応をして、
どのような気持ちでそれを受け止めているかと言えば、
さまざまななデメリットを社会が被ったことがネットで報じられています。

 

 

ただし、一般の新聞や雑誌には、あまりこの現状が出回ってないようです。

 

スポンサードリンク

 

ネットは、今や一般市民の間では、
事実のことを知ることが出来る主なメディアとして、
多くの人もネットから事実を得ることが多くなっています。

 

 

一般市民からの反対を押し切って可決されたFTAは、
今や大変な大混乱を起こしていると言われています。
警察とデモ隊が争ったり、FTA反対大集会を各地で開いて、
一般市民も立ち上がっています。

 

 

これらの市民たちは、社会に入り込んだFTAを排除してゆくように運動を行なっています。
このように、TPPがもし可決されると、社会生活があっと言う間に一変してしまいます。

 

 

FTAの例から、日本社会もTPPによって、どんなことが起きようとしているのか、
国を守ってゆく、私たち一人一人の責任です。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢