TPPで製造業が受ける影響とは

TPPで製造業が受ける影響とは

スポンサードリンク

TPPで製造業が受ける影響とは

TPPによって、大きな影響を受けるのは、製造業分野についても同じです。
やはり、米国と言えば、米車ビックスリーが与える
自動車製造業に関しても見逃せません。

 

 

これを機に、リーズナブルな価格の米車を日本に向けて
攻勢をかけてくることでしょう。

 

 

読売新聞を通じて米通商代表部USTRが
今年のはじめに発表した見解によりますと、
TPP日本参加に対する意見公募を行なった結果、
わが国の自動車マーケットの閉鎖性を指摘しています。

 

スポンサードリンク

 

その中で、軽自動車規格を「廃止すべき」としています。
米国の自動車産業をさらに拡大するべき策として、このように打ち出しています。

 

 

TPPに参入するためには、日本の軽自動車規格を
「合理的な政策ではない」と指摘しています。

 

 

要するに、TPP参入を米国が有利になるように、
前もって仕向ける動きがあるようです。

 

 

狭い日本では軽自動車が非常に使いやすく、
その国の事情もはっきり把握せずに、
自国のメリットを押し付けるのも理解に苦しみます。

 

 

このように、TPPがまだスタートしていないのに、
あるいは、まだ議論をしている最中にも、
米国が日本に要求を叩きつけている格好となっています。

 

スポンサードリンク

TPPで製造業が受ける影響とは関連ページ

軽自動車がなぜ駄目なのか
製造業へのメリット

ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢