TPPで軽自動車がなくなる?

TPPで軽自動車がなくなる?

スポンサードリンク

TPPで軽自動車がなくなる?

TPPの目的は貿易の障壁をなくすこと。
それは関税だけに限らず、非関税障壁もなくすよう求められます。
現在アメリカは日本の軽自動車の税制優遇をやめるべきと主張しています。
それはなぜでしょうか。

 

 

自動車税は普通車が年間29,500円、軽自動車が7,200円。
確かに税制が優遇されています。
軽自動車は維持費がかからず、国民の足として人気。
気軽に手にいれられる軽自動車は、田舎では1人1台持っている地方もあります。

 

スポンサードリンク

 

さらに軽自動車は高速代も保険料も安いです。
過去には軽自動車はいらないと言われた時代もありましたが、
今では軽自動車で十分という方が増えてきています。

 

 

アメリカがそんな庶民の味方の軽自動車の税制優遇をやめるように主張している理由はズバリ、
「軽自動車の自動車税が安いせいで、アメリカの自動車が売れない」から。
日本の税制度が、アメリカと日本の自動車生産競争を邪魔しているというんですね。

 

 

これに対して日本の自動車メーカーはこじつけだと反論しています。
アメリカが軽自動車を作って輸出すればいいとまで言っています。

 

 

アメリカの言われるがままにTPPのルールを作るのはとても危険です。
TPP参加はこういった細かいところまで話が及ぶことを覚えておきたいものです。

 

スポンサードリンク

TPPで軽自動車がなくなる?関連ページ

製造業への影響は
製造業へのメリット

ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢