TPP 製造業のメリットとは何か

TPP 製造業のメリットとは何か

スポンサードリンク

TPP 製造業のメリットとは何か

TPPに参加することで製造業にはどんなメリットがあるか考えてみましょう。
やはりなんといっても関税がなくなることで、輸出が増えると言うこと。
日本の製品が海外で売れやすくなるところです。

 

 

日本製品は海外でも高い評価を受けています。
TPPに日本が交渉参加表明をしたことで、
実はアメリカ国内には危機感を持った方も多いです。

 

 

つまり、日本の良い商品、特に自動車が関税なく入ってきた場合、
アメリカの自動車メーカーは生き残れないと思っている人が多いのです。
それくらい日本製品は高い評価を受けています。

 

スポンサードリンク

 

TPPで日本製品の輸出が増えれば製造業は大いに潤うでしょう。

 

 

もう一つのメリットは逆に考えることで見えてきます。
つまりTPPに参加しないことで製造業が被るデメリットはなんでしょうか。

 

 

日本が参加しないままTPPが実行されるとすると、
参加した国は関税のかからない安い製品を外国から仕入れる可能性があり、
日本製品のシェアが小さくなってしまう危険があります。

 

 

日本製品の高い品質より、安い製品を選ぶ可能性は大いにあります。
アメリカはFTAにより韓国から電化製品を輸出し、
他国もTPPに参加したアメリカなどから安い製品を買う。

 

 

日本が世界から置いていかれないためにも、TPPに参加すべきと言う声も
実際に多いことも事実です。
TPPに参加するメリットと、参加しないデメリット、
製造業にもいろいろな要因があることは覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

TPP 製造業のメリットとは何か関連ページ

製造業への影響は
軽自動車がなぜ駄目なのか

ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢