TPPのメリットとデメリット

TPPで持っている資格も脅かされる|資格共通化の危険

スポンサードリンク

TPPで持っている資格も脅かされる|資格共通化の危険

士のつく資格としては、
司法書士、行政書士、弁理士、社労士、弁護士、公認会計士、
とありますが、TPPを導入することで、
これらをアメリカの基準に置き換えて、
導入されていくのではと心配される声もあります。

 

 

日本で言う、いわゆる司法書士、行政書士、弁理士、社労士、税理士等は、
アメリカの弁護士、事務弁護士、公認会計士の資格に含まれています。

 

スポンサードリンク

 

TPPによって、自由化すると、いままでの規制は取り払われてしまい、
そのまま自由競争に突入してゆくことになるかもしれません。

 

 

仕事上でも、TPPにおいては英語での書類提出が当たり前になったり、
決済方法を変更しなければならなくなったりする可能性もあります。

 

 

実際まだ参加表明しているわけでもなく、スタートもしていない状態ですが、
実際にTPPがスタートした際に、さまざまな細かなことで、
現場レベルで混乱が起こってくるでしょう。

 

 

もちろん、外国資本と自由競争になれば、
いままでの顧客もそちらにもっていかれる可能性もあります。

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本 農業・食品への影響 製造業への影響 医療・保険への影響 反対運動 日本の姿勢